竹富島ってどんなところ?

竹富島は、沖縄本島の南西の八重山諸島で構成される竹富町にある島です。沖縄本島からは約45分かけて石垣島へ飛行機で行き、そこから高速船に10分乗って到着します。1周9,12kmの小さなサンゴ礁の島で、起伏のない平らかな島です。島全体が、西表石垣国立公園に属し、島の南部は海中公園にも指定されています。青い海と白い砂浜、澄み切った空気、巡る太陽や満天の星空、南国の花、そして時間の止まったような町の風景と、ここならではの美しさに、訪れる誰もが心奪われる場所です。

竹富島といえば、やっぱり海

砂浜は真っ白いサラサラの砂で、コバルトブルーの海はどこまでも歩いていけるような遠浅の海です。海の水は思い切り澄み切って、周辺では熱帯魚が泳ぐ姿が見られます。また、島の西側にあるカイジ浜は星砂の浜として知られ、持っていると幸運になるという星型の砂を見つけることができます。お土産屋さんでも買えますが、自分で拾ったものの方が幸福に近いような気がしますよね。海に沈む夕日の美しさでも有名ですが、石垣島から登る朝日も絶景です。そして、高い建物もまぶしい光源もないところで見上げる星空は、星ってこんなにあったんだと驚かされる圧巻の美しさです。

時間を忘れてひたすらのんびりしたい島

そして、もう一つの魅力は、古い沖縄の姿を残した、のどかで美しい味わいのある町並みです。サンゴ砂の白い道に独特の赤い瓦屋根の木造りの低い家が並び、ごつごつした石垣に明るい緑の木々やブーゲンビリアの花が揺れています。シーサーがにらみをきかし、観光用の水牛車がのんびりと通って行きます。時代が止まっている街で、自分が過ごす時も止まってしまいそうな穏やかな場所で、人は誰でもやさしい気持ちになってしまうと思わされます。

竹富島のツアーはオンラインで予約することができます。ツアープランも充実しているのでかなりお得に旅が楽しめます。