日帰りバスツアーは時間に余裕を持てる

日帰りバスツアーと聞くと、スケジュールが厳しくて楽しむ暇が無い、というイメージを抱いてしまう人は少なくないかもしれませんが、実は夜行バスを使ったバスツアーに比べ、日帰りバスツアーの方がゆっくりと楽しむことができます。夜行バスの場合、仕事を持っている人であれば、会社の帰りに直接集合場所に向かわなければならないケースもあり、交通渋滞を含め時間に追われることになってしまいます。一方、日帰りバスツアーの出発時間は当日の午前中に設定されているため、多少余裕を持って家を出ることで時間を気にする必要が無くなります。

移動中の睡眠は、意外に負担となることも

夜発のバスツアーでは、目的地に到着するまでの移動中に睡眠をとる必要がありますが、乗り物で寝ることに慣れていない人にとっては苦痛になることもあり、質の良い睡眠をとるのは難しいものです。寝不足のまま朝を迎えては、折角のツアーを思い切り楽しむことができない可能性もあります。その点日帰りバスツアーの場合は、朝までゆっくりと睡眠をとり、朝食も家で済ませることができますから、万全の状態でツアーに臨むことができます。

何より安いことが一番のメリット

日帰りバスツアーは、宿泊の必要が無いよう行き先を厳選し、一日で観光が完結するよう綿密なスケジューリングが行われています。このため、宿泊費を必要としないことからツアー料金を抑えることができ、格安の料金で多くのポイントを巡ることができます。浮いたお金は友人・知人へのお土産代にしたり、そのぶんツアーへ参加する回数を増やしたりと、他の事へ回すことができます。このため、広くいろいろな場所を観光したい人には特に向いています。

日帰りバスツアーでは、ミステリーツアーと呼ばれる、旅行当日まで行き先が発表されないツアーもあります。普通の旅とはまた違うワクワク感が楽しめるとして人気です。