店の利益だけではなく客のことも考えている

専門店で自転車を買おうとすると一万円台のシティサイクルではなく、三万円以上のシティサイクル、あるいは五万円以上のクロスバイクなどを勧められることがあります。もちろん、店にとって高い自転車を買ってもらった方がいいという理由もありますが、客のためを思って勧めるという部分もあるのです。では、具体的に高い自転車だと客はどのような恩恵を受けられるのでしょうか。まず、一番大きいのは安いものと比べると壊れにくいという点です。

高い自転車は壊れにくい

値段が高いということと、壊れにくいということはどんなものでも必ずセットというわけではありません。たとえば、レース用の車が走り出してすぐに壊れてしまうということは珍しくないです。ただ、自転車の場合は基本的に高いものは頑丈にできています。安い自転車の場合、ここのパーツの質が低く、また溶接が甘いこともあるので、使い始めて一年ぐらいはちゃんと走っても数年経つとタイヤのスポークが折れてしまうといったトラブルが出てきます。しかし、高い自転車ではまずそういうことはありません。

値段によってフレーム素材が違う

次に高い自転車は安い自転車と比べて格段に走りやすいということが挙げられます。なぜ、同じタイヤの大きさ、同じギアの数でも走りやすさが変わってくるのかというと、フレームの素材が違うからです。安い自転車のフレーム素材は鉄なので非常に重く、そのため、力を入れて漕ぐ必要があります。ところが高い自転車の素材はアルミやカーボンなので、鉄と比べると非常に軽く、あまり力を入れなくてもスムーズに走ることができるのです。

名古屋の自転車のショップでは、本体だけでなくパーツ類においても充実した品揃えを誇るため、自転車にこだわっている人でも満足できます。